カードローンの審査の進め方

カードローンの審査の進め方

カードローンを申し込むと、金融機関や業者では、この方に本当に融資して大丈夫であるかどうか審査を行います。そして、この審査に通過しなければローンを利用することはできません。

審査では、申込者の年齢、勤務先、勤続年数、職業、年収など様々な項目を点数化しトータルスコアにより、融資の可否を決定します。
また、信用情報機関に、ローンやクレジットカードの利用状況、申込状況、返済トラブルの有無を紹介します。
過去に延滞履歴がある方、借入件数が多い方は、審査に通過することは難しくなるでしょう。
特に、問題がなければ、在籍確認へと進めます。
在籍確認では申込者の職場に電話をかけて、本当にそこで働いているかどうか確認します。
なお、在籍確認の電話は、カードローン会社の名は名乗らず、個人名でかかってきますので、周囲にローンを申込んでいることを知られることはありません。
在籍確認まで進めば、ほとんどの場合、審査に通過するようですが、たまに在籍確認後に否決されるケースもあるようです。

それから、カードローンの審査においては、運転免許証、健康保険証、パスポートなどの本人確認書類を提示しなければなりません。それから、50万円を超える融資を希望する場合、収入証明書も必要です。

さらに、これらの書類などを最終チェックしたうえで、融資の可否を決定し、限度額を決めていきます。
 

    Copyright(C) カードローンに困らない為に必要なこと All Rights Reserved.