カードローンの金利について

カードローンの金利について

カードローンの金利は業者ごとに異なっており、さらに同じ業者の同じ商品でも4.9%~14.5%などと幅があります。
金利は、借入限度額によっても決まり、融資限度額が高くなれば最低金利が適用され、融資限度額が少なければ、最高金利が適用されます。

金利は、実際に借り入れた金額によっても大きく異なってきます。
例えば、カードローンで1万円借り入れた場合、ほとんどの方は1~2回で完済できるでしょう。つまり、短期の借入であるため、利息はそれほどかかりません。
一方、100万円を借りたのであれば、1年で完済することが難しいという方が多くなり、利息は10万円以上になることもあります。
借入額が多い方には、金利を低くして、利息の支払いを軽減する仕組みになっています。
また、借入額が大きく、長期間にわたって返済する場合、低金利であっても、業者では十分な利息収入が見込めます。
そのため、借入額が大きくなると金利も低くなるのです。

なお、利息については、利息制限法にて上限金利が定められていますので、一定以上の利息を課されることはありません。

それから、審査を行って、属性が高く、十分な返済能力があると判断されると、業者でも低い金利を適用してくれます。
つまり、利用者の属性によっても、同じ限度額であっても適用される金利が変わってきます。
 

    Copyright(C) カードローンに困らない為に必要なこと All Rights Reserved.