キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとカードローンの違い

ここではカードローンとキャッシングの違いについて解説します。
近年は、カードローンの宣伝を良く見かけるようになりましたが、キャッシングとどう違っているのでしょうか。

カードローンは、まとまった金額を借り入れ、毎月一定額を返済していきます。
例を挙げると、住宅ローン、自動車ローンがローンの代表的で、お金の使い道があらかじめ決められています。
一方、カードローンは、自由に使ってよく、いつでもATMやCDからお金を引き出すことができます。
10万円などのカードローンを利用でき、最高500万円まで借り入れ可能です。
返済方法としては、元利均等払い、元金均等払いなどがあり、現在はリボルビング払いが主流となっています。
また、資金に余裕ができた場合、残債を一括で返済できます。
 
一方、キャッシングは、少額を借り入れ、翌月に返済することになっています。
ただし、翌月1回で完済するとなると、まとまったお金の借入は不可能となり、利用者もいなくなってしまうでしょう。そのため、キャッシングも分割払いを採用し、限度枠を拡大し、利便性を高めています。

このような背景もあり、現在、キャッシングとカードローンの定義はあいまいになっています。
実際、銀行、クレジット会社、消費者金融ではカードローンとキャッシングの療法を取り扱っていますが、それぞれの使い勝手については分かりにくくなっています。
いずれにしても、借りたら返済することが大切です。
そのためには、十分に返済できる範囲内で、計画的にお金を借りるようにしましょう。
 

    Copyright(C) カードローンに困らない為に必要なこと All Rights Reserved.