銀行のカードローンは総量規制の対象外

銀行のカードローンは総量規制の対象外

改正貸金業法の総量規制により、消費者金融のカードローン、クレジットカードのキャッシングなどでは、年収の3分の1以上の額を借り入れることはできません。
もし、すでに年収の3分の1を借り入れている場合、新たにお金を借り入れることはできません。
たとえ、属性に問題がなく、過去に返済トラブルを起こしたことがなくとも、年収の3分の1以上借りている場合は、審査に通過することはありません。

ところが、銀行のカードローンは総量規制の対象外であるため、年収の3分の1以上の借入も可能となっています。
また、銀行は消費者金融に比べて低金利であるという特徴があります。
ただし、金利が低い分、銀行のカードローンは審査が厳しい傾向にあり、正社員である程度の年収がなければ借り入れは難しいようです。

普通銀行の口座を給与振り込み用の口座に指定している、公共料金の引き落とし口座として利用していると、審査に有利であると言われています。
もし、銀行のカードローンを利用したいのであれば、普段からメインバンクとして利用している銀行のカードローンを申込んでみると良いでしょう。

なお、銀行のカードローンの審査でも、申込者の他社利用状況を信用情報機関に紹介します。
そのため、過去に返済トラブルなどが登録されている場合、審査に通過することはほとんどないでしょう。

    Copyright(C) カードローンに困らない為に必要なこと All Rights Reserved.